ティモ(TiMO)の知らなきゃ損!※効果的な使い方とは?

ティモ 効果的な使い方

 

ティモ(TiMO)は簡単時短ケアのオールインワンゲル。

 

これひとつで導入液、化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、化粧下地の7役です。

 

とても簡単に上質なケアができるティモ(TiMO)、効果的な使い方ってあるのでしょうか?

 

もちろん普通に使ってもいいのだろうけど、より効果的な使い方があるのなら知っておいても損はないですよね。

 

そこで、ティモ(TiMO)の効果的な使い方というのを徹底調査してみました!

 

 

ティモ(TiMO)の基本的な使い方

 

まずは、ティモ(TiMO)の基本的な使い方から。

 

公式サイトにも「30秒で魔法をかける」として紹介されています。

 

30秒で導入液からパック、化粧下地までできるなんて嬉しいですね。

 

ティモ(TiMO)を使う前に、やっぱりまずは洗顔。

 

洗顔して汚れをさっぱり落とし、タオルでやさしく拭きましょう。

 

そして不純物のないきれいなお肌の上に、ティモ(TiMO)をスパチュラでひとすくい。

 

頬や目尻、額、顎、そして鼻の上に乗せていきます。

 

そして顔の内側から外側へ、下から上へと持ち上げるようなイメージでティモ(TiMO)を伸ばしていきましょう。

 

小じわやほうれい線などにはちょっと多めに塗るのがポイント。

 

最後に手のひらを使って、下から上にマッサージしながらお肌になじませたらお手入れ完了。

 

朝のメイク前でも夜の洗顔後にも使うことができます。

 

ティモ(TiMO)の基本的な使い方、とっても簡単ですよね。

 

 

ティモ(TiMO)の効果的な使い方

 

こんな簡単ケアのティモ(TiMO)に、これ以上効果的な使い方はないのでは?って思いますよね。

 

ですが、あるんです!

 

これも公式サイトで見つけました。

 

それは、パックとして使うこと!

 

週に1回、ティモ(TiMO)でパックをするとより効果的だそう。

 

まずはやはり、洗顔。

 

そしていつものケアの3倍の量のティモ(TiMO)を顔の上に乗せます。

 

その上にラップか蒸しタオルを乗せて、10〜15分放置。

 

蒸しタオルを使った場合はそのタオルでふき取ってもいいし、ぬるま湯で洗い流してもOK。

 

最後にいつものようにティモ(TiMO)を顔全体に塗ったらスペシャルケアの完了です。

 

読んでいるだけで、お肌がしっとりするような贅沢なケアですね!

 

ティモ(TiMO)はほんのり甘いキャンディースカッシュの香りなので、パックしている間も癒されそう。

 

週に1回は、ぜひスペシャルケアをやりたいですね!

 

 

まとめ

 

ティモ(TiMO)はひとつ7役のオールインワンゲルだけあって、使い方はとっても簡単。

 

いろいろ塗らなくてもいいから、時短にもなります。

 

そんなティモ(TiMO)にも、効果的な使い方はありました!

 

週1回パックとして使うだけで、心もお肌も癒されそうです。

 

ティモ(TiMO)の詳しい使い方は、公式サイトで確認できます。

 

まだ購入を迷っている人も、ぜひチェックしてみて!

 

ティモ(TiMO)の詳細はこちら。

 

http://timo-beauty.com/